有酸素運動と無酸素運動

ダイエットをしていると有酸素運動という言葉をよく耳にします。
有酸素運動ってなんでしょうか?
無酸素との違いは?
では順番に説明いたします。

1.無酸素運動
無酸素運動は基本的に瞬発力に優れた白筋を使った運動です。
腕立て伏せや、スクワット、短距離走、重量挙げなど短期間の運動が多いです
あとは、短距離走ですね。

無酸素運動の場合は、運動している間は酸素を使わずにエネルギーを引き出します。
そうしないと莫大なパワーを引き出せないからです。
運動した後に息切れするのは、取らなかった間の酸素を大量に取り入れようとしているからです。

無酸素運動はダイエットの効果高いと言われていますが必ずしもそうとは限りません。
ただ一ついえるのは無酸素運動は糖質をエネルギー源としており、基礎新陳代謝に依存しております。
痩せる体というより、太りにくい体を作る効果があるのです。

2.有酸素運動
有酸素運動は基本的に赤筋(遅筋)を使った運動です。
ウォーキングやジョギング、エアロビクス、水泳などが代表的な運動です。
ステッパーとかウォーキングマシーンもそうですね。

一定のリズムを保って行うのが有酸素運動です。
ボクササイズも有酸素運動を言えますが本格的なボクシングとなると無酸素運動といえます。
無酸素運動よりもダイエット効果が高く、体に負担が掛からないといわれております。

有酸素運動の場合は、糖質に対して脂肪を消費してエネルギーを引き出します。
だからダイエットには効果的なのです。

とはいえ、代謝能力は一時的で無酸素運動に比べると劣ります。
消費カロリーも劣ります。
その代わり無理な運動ではないので体をスマートに保照ることができ、筋肉痛になってもすぐに回復できるのが特徴です。

まとめると無酸素運動は短時間で集中的に行うもの。
有酸素運動は長時間かけてゆっくり行うものです。
自分は両方やっていますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Current template: