ダイエットと健康管理

ダイエットをしていてやりがちなのは痩せることばかり目が行ってしまい、健康管理を疎かにすることです。
食事制限だけをしていればいいと考えている方が多いです。
それをすることによって普段の生活と違います。

例えばカロリーだけを気にして栄養バランスが悪くなったり、アレルギーのあるのを摂取してしまったりします。
それと運動も併用しないと体力が落ちて体調を崩したり、怪我をする。
特に安易にダイエット食品を過信しすぎて体調を崩すなんてこともあります。

特にダイエット食品で落とし穴が同じものを取りすぎることです。
2006年に白いんげんダイエットで体調を崩す方が続出しました。
それは白いんげんが悪いばかりではないのです。

取りすぎてしまったことにあります。
そして体調の微妙な変化に気がつかなかったことにあります。
体調の変化に気がつく方法はあります。

それは毎日血圧と体温を計ることです。
そして気になったら健康診断を受けることです。

体調をチェックすることによってどのダイエット食品が自分に合うか合わないかをチェックできます。
そして適度な運動をし、バランスのいい体を作りましょう。
合わないと思ったらすぐに他のダイエット法に切り替える。
そういう判断力も必要です。

効果ない、もしくはなんか体がおかしいぞ?と思ったら計画や現在のダイエット方法を見直すことも必要です。
こういうときに必要なのはレコーディングダイエットですね。
日々の活動を記録しておくことが大切です。